« 山手線103系の手直し | トップページ | 内装の取付 »

2014年8月18日 (月)

キサゲとディテールパーツの続きです

  お盆休みも終わりましたが、まだまだ暑いですね。涼しくなったころに店レイアウトで使うつもりのキハ22が進んでいます。余分なハンダを落とすキサゲ作業と、ディテールパーツの取り付けといった内容です。こう暑いと、なかなか進みにくい作業ではあります。

221

  だんだん形になってきました。ドアサイドの手すりは、リン青銅線と洋白線を比較する意味で、両者が混在することになりました。作業上では、洋白の方が具合が良いのですが、完成後の状況というのも気になります。

222

下回りについては、既にほぼ完成状態ですので、現状走れます。ありとあらゆる車種を寄せ集めた、朝の通勤列車をいかにスムーズに走らせるか、ということで、LN15+MPギア片台車駆動方式になっています。エンドごとに消灯出来る前尾灯なども必須ですから、両運転台車は結構手間がかかります。

|

« 山手線103系の手直し | トップページ | 内装の取付 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 山手線103系の手直し | トップページ | 内装の取付 »