« 仕切り板の手直しと塗装 | トップページ | 基本的な塗り分けが出来ました »

2014年8月 4日 (月)

車体の塗装に進みます

  にわか雨の心配もないので、どんどん進めます。真夏の暑さでプライマーもあっという間に乾燥します。

Ht1

  プライマーを吹いてから、室内色のクリームを吹きます。外側までクリームになっているのは、オレンジバーミリオンの発色をよくするための下塗り的な意味があります。オレンジ系は隠ぺい力が弱いので、プライマーを吹いただけでは金属の地肌の色に影響されて、色が沈んだ感じになってしまいます。そして、オレンジバーミリオン、グレー、白の3色塗ですが、同じ理由でグレーの上にオレンジバーミリオンを塗ると、グレーに負けて黒澄んでしまうので、オレンジバーミリオンは先に塗っておく必要があります。

Ht2

  クリーム色の上にオレンジバーミリオンを吹きました。発色も問題なさそうです。

  ここからは面倒なマスキングを行いながらの作業です。割と面積の大きいグレーを塗ります。

Ht3

  何だか滅茶苦茶な感じにも見えますが、1色ずつ塗っていかなければならないので、途中段階ではこんな感じです。屋根と車体のグレーは似ていますが、コントラストを付けるために2色に分けます。

  プラ製品やNゲージのように、オレンジバーミリオンだけが塗装で、グレーと白線は印刷というわけには行きません。似たような色の小田急ロマンスカーみたいに丸っこくないだけラクですが。





|

« 仕切り板の手直しと塗装 | トップページ | 基本的な塗り分けが出来ました »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 仕切り板の手直しと塗装 | トップページ | 基本的な塗り分けが出来ました »