« 屋上部品の取付を続けます | トップページ | 抵抗器カバーの組立と取付 »

2014年5月27日 (火)

屋上抵抗器の取付

引き続き屋上関係です。今日はメインの抵抗器関係です。オカ製登山ではロストワックスのものを1個ずつ取り付けるようになっており、抵抗器のカバーも帯材状のパーツをロストワックスの足を介して組みあげると言うとても凝った構成でした。今回のIMON製はそこまで凝った構成ではありませんが、完成品を見ても構造が分かりにくいので、組み立て中の写真でご紹介しておきます。

Ht1

抵抗器カバーの中身、つまり抵抗器本体のパーツはあります。「コ」の字型のエッチング製パーツで、前後の妻板?部分を折り曲げて箱状にします。取付足のツメを屋根に差し込んで折り曲げ接着することになっています。屋上ということで手を触れることも多いでしょうから、ここは強度を考えてハンダ付けしておきました。 3か所の細長い穴はカバーの取付足が入ります。エッチング板ということで、両側下部の碍子部分も板状ですが、白く塗っておけばそれらしく見えるでしょう。一般的な表現としてはこれで十分なのかもしれませんね。抵抗器カバー取り外しのギミックもありませんし。

|

« 屋上部品の取付を続けます | トップページ | 抵抗器カバーの組立と取付 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 屋上部品の取付を続けます | トップページ | 抵抗器カバーの組立と取付 »