« 塗装の補修と標記入れ | トップページ | モハ2形112号の下回り完成 »

2014年4月14日 (月)

突然不調に!

 標記を入れた後、引き続き慣らし走行をしていたEF57、突然走行がおかしくなりました。あれだけ頑丈なダイキャストのギヤボックスなので、トラブルなど起こらないと思っていたのですが。片側の台車の3軸の動輪が空回りします。動輪がモーターからのウォームに噛んでいないことになります。ギアボックスを分解してみましたが、どうも分かりません。バラしたり組み直したり、行ったり来たりしているうちにおかしなことに気付きました。モーターからの動力を台車に落とすタワーの部分がグラグラ動くのです。良く見ると、この部分がネジ止めになっていて、そのネジが緩んでいたのです。

570

 エンドウのMPギアなどでは、こうした緩みそうな部分は一体鋳造にするなどして、緩むことがないようになっているので、これは意外でした。発見するのに2日かかってしまいました。ふぅ・・・。

 原因が分かれば後は早いです。さっさと直して、再び慣らし走行です。

573

572

 車体を外したついでに、接点の調整を行ってライトの瞬きを潰しておきました。

 余計なトラブルが発生したので、ウエザリングは今週末です。

|

« 塗装の補修と標記入れ | トップページ | モハ2形112号の下回り完成 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 塗装の補修と標記入れ | トップページ | モハ2形112号の下回り完成 »