« 神奈川が山形になった一日 | トップページ | ブルーにするつもりのスハ43、再開 »

2014年2月11日 (火)

ポイント交換

 DD13も復帰したので、かねてより調子の悪かったポイントを交換しました。

P1

 以前は半年もしないうちに調子悪くなるのがカトーのポイントでしたが、比較的最近交換したものは、以前のものより耐久性が向上しているようです。直線や曲線レールでも、密かに補強が増やされて剛度が向上するなどの改良が施されていますが、ポイントもまた「黙って」改良したのでしょうか?

P2

 今回交換したのは、副本線とヤード線の分岐部分です。「得意の?」通電不良を起こしていました。 ヤードのヤナギ線のポイントも古いものが多いので、いずれ交換しなければならないでしょう。

 ようやくカトーのレールも、自社の軽いプラ車両だけ走れればよい、という発想から抜けつつあるようです。ほぼ同じようなコンセプトのエンドウのシステム線路と比べると、エンドウ製は金属製車両の走行を前提にしていますから、非常に丈夫であるというのが強みでした。一方のカトーは、Nゲージメーカーということもあって、「カント付線路」などの「遊び心」と言う点では、エンドウの上を行っていると思います。これで強度や耐久性の問題が解決されれば、結構面白いことになって来るかと思います。

|

« 神奈川が山形になった一日 | トップページ | ブルーにするつもりのスハ43、再開 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 神奈川が山形になった一日 | トップページ | ブルーにするつもりのスハ43、再開 »