« 今週の入荷品から | トップページ | 入荷商品のご紹介 »

2013年12月12日 (木)

カント付線路 ED75の試運転

 カント付線路、既存の車両の試運転を順次進めています。今日はED75です。特にヒサシ付は退院直後の製作ということもあって、問題が出て来る可能性大です。

751

 走らせてみると、これまで散々苦労した甲斐があったようで、スムーズに走ってくれました。それよりも、PCマクラギということで485系や583系がびゅんびゅん走る東北線にあって、普通列車だけが、機関車は近代化されたものの旧型客車、それが近代的な線路を走るというあの時代の雰囲気が再現できたようです。R730というきついカーブですが、重連の75と言うことで、貨物の補機の回送で普通列車もよく重連になっていた奥中山あたりのイメージということにしましょう。

 その75、先頭のP形もIMONパンタに交換しました。屋上がごちゃごちゃしている分、微妙なサイズや線の太さの違いが、実感の向上に貢献しています。そして、畳んだ時のシャープな姿勢も、ですね。線径が細いのと、下枠がロストで柔らかいですから、取付の際などにはご注意ください。

 スペースの関係で単線ですが、カントが付いてPCマクラギになるだけで幹線に見えるから不思議です。一応テスト用のレイアウトということになっていますが、レイアウトというのは、車両の工作とはまた違ったセンスが要求されます。

|

« 今週の入荷品から | トップページ | 入荷商品のご紹介 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今週の入荷品から | トップページ | 入荷商品のご紹介 »