« 引き続きカント付線路の試運転 | トップページ | ありふれたマニ60、仕上げの続きです »

2013年12月23日 (月)

最後にED71試運転

 カント付レールの試運転、最後にレイアウトのヌシ的な存在のED71です。この機関車は、組み立てた時に台車を通常の3点支持に改造してありましたから、他のカツミ製台車を履いている交流機同様、全く無問題でした。

711

 レールの材質が改善されて、今まで電圧降下が酷く、速度が落ちていた区間も一定のスピードで走るようになりました。たったこれだけのことでも、結構気分良くなりますね。

 ED71と言えば、今店にやって来る若手君がアダチのED71を製作しているのですが、あのキット、今回からMPギアを使用することになっているにもかかわらず、台車枠は旧のままでボルスターと台車枠が固定される構造です。果たしてカント付レールを無事に走れるのか?興味のあるところです。ブラスベーシックのEF13は無事に走りましたが、ED71ではまた条件が違いますから。

|

« 引き続きカント付線路の試運転 | トップページ | ありふれたマニ60、仕上げの続きです »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 引き続きカント付線路の試運転 | トップページ | ありふれたマニ60、仕上げの続きです »