« 最後の1両、モハ51の地味な作業です | トップページ | フジモデル 気動車再生産 »

2013年3月13日 (水)

基本塗装を行いました

 大雄山線モハ51編成、小田原方先頭の51号の塗装にかかりました。基本になる色を塗りましたが、マスキングの乱れや隙間からの吹込みの修正はこれからです。

511

 例によって道具掃除の手間を省くためGMスプレーですが、車体は西武色の⑲と⑳、屋根は#35、ベンチレーターなどは⑭を使用しています。吹込みの修正を行ってから「秘伝のタレ」によるウエザリングを行います。

 車内は、照明は入れませんが、座席を取り付けるので、車体内側は#34の京阪ライトグリーンで塗ってあります。

 地味な電車ですが、「自由工作」と言った感じなので、意外と手間がかかります。でも、店に転がせておくと地ネタということで、意外とウケます。製品ではどう考えても出そうにない電車の模型があると、お客さまにも、また何か作ってみたいな、という気持ちになっていただけるかと思います。

|

« 最後の1両、モハ51の地味な作業です | トップページ | フジモデル 気動車再生産 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 最後の1両、モハ51の地味な作業です | トップページ | フジモデル 気動車再生産 »