« 南九州のキハ40系列の現状 | トップページ | モハ66号床板改造に着手 »

2013年2月18日 (月)

相変わらずスローペースですが・・・

 引き続き大雄山のモハ51編成を進めます。

511

 51号は、ランボードと屋上配管の取付が残っていますが、部品がまだ揃わないので、今日は手すりの取付やキサゲと言った地味な作業でした。

 サハ81が取りあえず完成しているので、大雄山方の先頭車モハ66にも手を付けます。

661

 動力をMP化するので、まずは床下機器を左右に分割しました。AK3コンプレッサーは、この後床下伝動用のフクシマ製に取り換えます。66号については、この後床板のフラット化、モーター取り付け穴の設置、床板センターピン部分の改造といった順序で進行します。

 ここしばらくは地味な作業が続きますが、現代水準で走る大雄山をモノにするには欠かせませんね。丁寧に進めたいと思います。

|

« 南九州のキハ40系列の現状 | トップページ | モハ66号床板改造に着手 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 南九州のキハ40系列の現状 | トップページ | モハ66号床板改造に着手 »