« 早速車体の組立にかかります | トップページ | 年末期間追加営業のお知らせ »

2012年12月19日 (水)

合成成功!

 モハ51に限らず、大雄山線に最後まで残った旧型国電はいずれも正面の貫通路が埋められていました。Hゴム3枚窓の非貫通だったわけですが、これをキットの部品を改造して作るとなると大変です。そこで奄美屋のコデ66に入っている非貫通の妻板を転用します。オデコと妻板を組み合わせるタイプなので、メーカー違いの部品だと合わない可能性が高かったのですが、どうにか合成に成功しました。

511_2

 大雑把にハンダ付けした段階ですが、どうにかまとまりそうです。この後アングルを取り付けて、車体が固まったらヤスリでバンバン削って整形します。フクシマのオデコは、フジの丸屋根客車ほどぴったり決まりませんが、バリやカエリ、歪だらけのタニカワよりは良い、と言う感じです。

 正面が非貫通になって、これだけでも大雄山らしく見えるようになりました。

|

« 早速車体の組立にかかります | トップページ | 年末期間追加営業のお知らせ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 早速車体の組立にかかります | トップページ | 年末期間追加営業のお知らせ »