« 追加営業のお知らせ | トップページ | ちょっと感心したNゲージの特急電車 »

2012年10月 6日 (土)

スケール速度で走らせてみると・・・

 2両目の戦後型オハフ33では、尾灯枠を工房ひろのロストのものに、レンズはエコーという組み合わせで外観の向上を目指しました。停止状態の点灯テストもまずまずでしたが、実際にスケールスピードで走らせてみるとこんな感じでした。

331

332
 

 少し離れてみても、自然な感じで光っているのがはっきり見えたので、まずは合格でしょう。光学繊維を使用するこの方式では、レンズの形状が大事なようですが、ここへ来て尾灯枠のパーツもいろいろ出てきましたから、単に点灯するということだけでなく、枠の形状にこだわってみるのも面白いかと思います。客車列車のポイントである、列車の後ろ姿の印象も間違いなく向上するでしょう。



|

« 追加営業のお知らせ | トップページ | ちょっと感心したNゲージの特急電車 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 追加営業のお知らせ | トップページ | ちょっと感心したNゲージの特急電車 »