« ざっと塗りました | トップページ | お盆休み向けNゲージ軽工作 »

2012年8月 8日 (水)

まったりと

 2両目の戦後型オハフ33が、まったりと進行しています。暑い季節ですし、集中力も続きませんが、少しでも先へ進めます。今日は床下の基本組です。

331

 店にやって来る学生さんの中にブラスキットに興味を示してチャレンジしている人がいますので、このオハフ33は、組立解説の意味も含めて、途中の状態も見ていただくようにしています。最近の若い人は、プラモデルさえ組んだことがない場合が多いですから、ハンダ付けだけでなく、接着剤の説明から始めなければなりません。でも、店に転がっている作りかけなどを見て関心を持っていただけたわけですから、この商売をやっている者としてはとても嬉しいことです。

 模型と言うのは、完成品を買って来て走らせるだけでおしまいではありません。車両にしてもレイアウトにしても、自分の頭の中にあるイメージをいかに再現するか、というのが大きなテーマです。完成品は、万人受けするように出来ていますから、多かれ少なかれ不満な部分があって当然です。自分の手を動かすことで、イメージするところに近付ける、ということを知っていただきたいと思います。その奥深さに気づけば、模型を見る目も変わってくると思います。

|

« ざっと塗りました | トップページ | お盆休み向けNゲージ軽工作 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ざっと塗りました | トップページ | お盆休み向けNゲージ軽工作 »