« キハ26レイアウト試運転 | トップページ | 標記入れにかかります »

2012年3月30日 (金)

3両試運転

 昨日に続いて、今日はキハ52を連結した3両での試運転です。

521

 このキハ52は、フジの車体にエンドウのキハ58用完成動力ユニットを取り付けた構造です。模型でも2エンジン車は両台車駆動にして、馬力を稼ぐというのも面白そうです。そのうち出てくるであろうキハ58あたりでやってみたい方式です。

 そのキハ52を連結して3両編成で走らせてみます。

3b1_2

 全車が動力車ですが、これまた実に気持ち良く走りました。一応各車ともLN14またはLN15のコアレスモーターですが、CN16モーターの場合、パワーや回転の安定性がかなり落ちますから、ここまできれいには協調しないかもしれません。CN16使用の古い完成品などを混ぜ込む場合には、モーターを換装した方が良いかもしれません。

 どうにか気動車の標準的な動力構成が構築できたようです。




|

« キハ26レイアウト試運転 | トップページ | 標記入れにかかります »

コメント

つのすけさま
 コメント有難うございます。気動車にコアレスを使用しているのは、床下スペースが限られることと、編成の自由度を確保するため、すべてが動力車になるので、消費電流を抑えたいということによります。耐久性という点ではEN22の方が圧倒的なのですが、見栄えのこともあって、最近は103系などの電車にもコアレスを使用しています。
 製作者の考え方で、自由にアレンジできるのが16番キットの面白さですね。

投稿: さがみ | 2012年3月30日 (金) 23時25分

拙ブログにもUPしておりますが、当方は基本的に気動車もEN-22+MPギア化しています。コアレスモーター車は1両もありません。一時パルス制御のパワーパックを使用していたことも関係しています。
昔のCN-16の車輌も若干存在しますが、基本的に混結しないので不具合はありません。

投稿: つのすけ | 2012年3月30日 (金) 22時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« キハ26レイアウト試運転 | トップページ | 標記入れにかかります »