« 引き続き塗装です | トップページ | 休業日のお知らせ・・・そろそろ復活4周年です »

2011年11月 4日 (金)

逆カント・・・

 客貨車の入換が完璧にできるように改修中の店レイアウトですが、不具合のポイントを交換してもなお脱線するという現象が発生しました。特に推進状態の入換の場合です。

Point

 今、DD13が渡ろうとしているポイントです。良く調べてみると、ちょうどベースボードの継ぎ目の部分のため、線路が微妙に逆カント状態になっていました。線路はカーブ区間では遠心力を消すために、カーブの内側に傾いているものですが、これが外側に傾いている状態を逆カントと言います。実物でもないことはありませんが、この場合、最徐行の速度制限がかかります。身近な所では、小田急線秦野駅の上り4番線の出発信号機の先や、新松田駅の御殿場線への連絡線の入り口などがあります。カーブの途中にポイントを挟まざるを得ないために発生していますが、この部分は制限15になっています。

 レイアウトでは、特に曲線の途中で逆向きに分岐しているわけではないので、カーブの外側にスペーサーを噛まして逆カント状態を解消させてみました。すると、これだけでスムーズに入換られるようになりました。

 レイアウトの工作は、車両とはまた違った難しさがあります。

|

« 引き続き塗装です | トップページ | 休業日のお知らせ・・・そろそろ復活4周年です »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 引き続き塗装です | トップページ | 休業日のお知らせ・・・そろそろ復活4周年です »