« 追加営業のお知らせ | トップページ | 全車の応急復旧が完了しました »

2011年9月16日 (金)

留置線部分のポイントを全部まとめて交換しました

 しばらく前に本線部分に挿入されているポイントを交換したのですが、以前のカトーのものに比べて、そんなにすぐに不具合が発生しなくなっていました。以前はあまりに酷い状態でしたから、密かに改善したのでしょうか?表向きには何も言っていませんが。

 さて、店レイアウトの留置線には、しばらく前にケイディーのアンカプラーを設置して、客貨車の入換が出来るようにしました。今は入手できない真鍮製のDD13は、ネットオークションでセコハンを入手してモーター交換などを行いました。昔の尾久客車区のイメージで、列車のつなぎ替えを目論みました。留置線部分は、頻繁に列車が行き来するわけではなく、それほどポイントが傷むということは考えにくかったのですが、本線部分のポイントの様子を見ると、留置線のものも全部交換したらどうかな?と思いました。

Shako

 そこで、一番左のED75がいる本線以外のポイントを全部取り替えました。引き込み線だけに、それほど傷んではいませんでしたが、取り換えてみると・・・。

Irekae

 基本的な構造が古いから、と根本的な改造を覚悟していたDD13が、実にスムーズに動くではありませんか!今までは途中でぴくっと止まったりして、指でつつくこともしばしばでしたが、その原因はポイントだったんですね。昔、銀座の天賞堂にあったレイアウトで、ケイディーカプラーの自動解放のデモをやっていたのですが、あれに近いイメージにたどりつくことが出来ました。

 この後は、車庫線における耐久テストということになりますが、一足先に交換した本線部分がそこそこの成績なので、ちょっと期待したいところです。

 カトーには、16番のレールをやる以上、自社製車両だけで満足するユーザーはいない、ということを理解して欲しいものです。そして、手直しをしたのなら、それを積極的にアピールして欲しいですね。

|

« 追加営業のお知らせ | トップページ | 全車の応急復旧が完了しました »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 追加営業のお知らせ | トップページ | 全車の応急復旧が完了しました »