« 61系用の小さい水タンク入荷 | トップページ | 床下部品構成の検討 »

2011年7月23日 (土)

仲間が増えました

 店レイアウトの機関車に仲間が増えました。

71

 ED71の2次形です。やっぱり気になっていたのですが、手を出そうかと思った時にはホビーのキットもすでになく、という感じで、ネットで拾ってきました。アダチの完成品です。車体は割としっかりしていますが、片台車駆動、ゴムタイヤでの増粘着などなど、ちょっと謎っぽい構成です。台車もダイキャストで、ボルスターの取り付け位置がイレギュラーですから、MP化もこのままでは困難です。どういじるか思案中です。

 ED71は全部で55両製造されましたが、1~3はすべて異なる形態の試作機、4~44は田の字フィルターの1次量産、45~55がEF60に似た側面を持つ2次量産型です。個性が薄いということで、いままで手を出しませんでしたが、福島界隈にいたELがだいぶ揃って来たので、ようやくという感じです。これまでにご紹介したED78やDD13などのように、「古い機関車の叩き直し」というテーマで進めて行きたいと思います。状態は悪くありませんが、線路に乗せてみると製品状態のままなので、何か浮いた感じです。でも、こうして並べてみると、同じ形式なのにずいぶん違う形で、模型的にみると1形式増えたような感じになって、結構遊べそうです。

 昔、郡山駅あたりで眺めた、ホーム目線でのイメージショットです。

712

 手を入れる前から、すっかり遊んでいます。これで横に気動車特急「つばさ」とか、483・485系の「ひばり」「やまびこ」「やまばと」「あいづ」とかがいれば、管理人が小中学生だったころの東北線そのものになるのですが、残念ながらレイアウトのスペースがそこまでありません・・・。

|

« 61系用の小さい水タンク入荷 | トップページ | 床下部品構成の検討 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 61系用の小さい水タンク入荷 | トップページ | 床下部品構成の検討 »