« マニ36折妻形入荷 | トップページ | フクシマ模型さんの廃業について »

2011年2月18日 (金)

遊び方・・・

 取りあえず駅構内の両端にアンカプラーを設置しましたが、これだけでも、機回しの他にいろいろなことが出来ます。例えば、東北本線黒磯駅を思い浮かべてみます。今は、普通列車も全部電車になって運転区間も完全に分断されていますが、この駅は「地上切替方式」といって、駅構内の架線は、直流と交流に切替が出来るようになっています。客車列車の機関車付け替えでは、同じ線路を直流機と交流機が行き交うという模型のような光景が展開していました。これがずばり再現できます。こんな具合ですね。

1_2

 まず、上野方面から東北へ向かう列車が、直流機に引かれて到着します。

2_2

 アンカプラーの上に連結器が来るように停車させて、機関車を気持ち後退させると、自動で切り離されます。

3_2

 切り離された直流機は、留置線に引き上げます。

4_2

 代わって、この先の区間を牽引する交流機が入れ替えてきます。

5_2

 そして、列車に連結されて、発車です。

 一連の作業を人の手を全く介さずに出来るのです。実際にこんな列車で旅をした管理人は、いつかはこれをやってみたかったのです。

 単純なものですが、これをせっちするだけで、「運転」の奥行きが物凄く深くなります。

|

« マニ36折妻形入荷 | トップページ | フクシマ模型さんの廃業について »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« マニ36折妻形入荷 | トップページ | フクシマ模型さんの廃業について »