« 客車部品が入荷しました | トップページ | ディテールの取り付け »

2010年8月 1日 (日)

レールも進化しているんですね・・・

 亘り線を入れた店レイアウトのNゲージ部分、亘り線からカーブ区間の間の走行が不安定になるという現象が発生していました。ポイントが複数連続するので止むを得ないのかなと思っていたのですが、良く見るとこの部分の標準直線が「ファイントラック」になる前の旧製品でした。旧製品は、ご存知のように着脱を繰り返すとジョイントが緩んで通電不良を起こしやすい構造でした。

R2

 この部分のレールを現行のものに交換したところ内側・外側とも見違えるように安定した走行になりました。手前は取り外した旧レールです。ジョイントがすっかりバカになっていました。

R1

 長い列車が安定した走行を見せてくれるようになりました。・・・と言うことは、背面側の直線区間、旧製品の複線レールですが、ファイントラック仕様のもの、もしくはワイドPCレールに交換すると走行がもっと安定するかもしれません。レールも進化しているのですね。

 植え込みの手直しと並行してこの部分のレールも近々張り替えることにします。

|

« 客車部品が入荷しました | トップページ | ディテールの取り付け »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 客車部品が入荷しました | トップページ | ディテールの取り付け »