« ネタガマの調整 | トップページ | 駅舎改良工事 »

2010年6月30日 (水)

下回りひとまず完成

 カツミの103系、第一陣のクモハ103、ひとまず下回りができました。クモハを動力化改造しましたが、完成品のように床下が動力部品でギチギチになるのを避けるため、LN14モーターと小さいFウエイトを使用しました。

1031

 床下機器を取り付ける前の状態です。完成品と比べて、動力関係がかなり小ぶりになっています。

1032

 床下機器を取り付けると動力メカは殆ど気にならなくなりました。EN22が付いている完成品の電車も、こんな風にいじれば印象がずいぶん変わりそうです。

1033

 並行して外観の仕上げを行いました。まだ完全ではありませんが、昔デパートで売っていた旧製品と比べるとかなりカッコヨクなっています。あの頃は、101系と103系の区別すらあいまいな感じの作りでした。103系の特徴である、電動車の車輪がデカイことなど完全に無視されていました。

 殆ど素組に近いですが、この後はレタリングなどで細密感を演出しようと思います。

|

« ネタガマの調整 | トップページ | 駅舎改良工事 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ネタガマの調整 | トップページ | 駅舎改良工事 »