« カツミ EF65-1000キット入荷 | トップページ | 座席の製作 »

2009年12月 9日 (水)

いよいよ試運転、と思っていたら・・・

 モリヤの山手線、最後のモハ2両に照明を入れてあとは座席をつけてレタリングを入れれば、という状態で店に持ち込みました。が、偶数向きのクハ、座席はおろか照明も入っていないではありませんか!

1031

 取りあえず外観だけでも、ということだったんでしょう。入院する前の段階でここまで出来ていたのですが、いかんせんブランクが開きすぎです。しかも、こういうときに限って、電球もないし、ダイオード基盤もない、というわけで、今週の試運転はお預けです。編成モノというのは客車や気動車、機関車とは勝手が違います。

 でも、もう40年以上も前のクリスマスに池袋のデパートで山手線103系の模型を見た時のワクワク感を満たすためにも、何としても今月中には完成させたいですね。当然、当時そんなものを買ってもらえるわけもありませんでした。あの頃は、鉄道模型というのはデパートか専門店で買う大人のもの、という感じでした。

 今もそうですが、子供というのはいつも見ている最新電車を欲しがりますが、こうして40年以上の時を経て、ついに手に入るということで、ちょっとした感激があります。そして、お客様にそんなクリスマスのワクワクを感じていただけるようにするというのも、店として大事なことなんだな、と思います。

|

« カツミ EF65-1000キット入荷 | トップページ | 座席の製作 »

コメント

genta-nozz さま
 コメント有難うございます。大体クリスマスとか誕生日といった特別な日に買ってもらうものでしたね。そもそも、私の場合、幼稚園の年長組の時に交通博物館で鉄道模型の存在を知り、しかも同じものをデパートで売っているのを知ってしまったところで穴にはまりました。小学生になって最初に買ってもらったのはエンドウのブリキの貨車2台でした。レールやら何やらをちまちまと買って、その年のクリスマスにパワーパックとEB45がやって来て、ついに走るようになりました。こんな調子だったので、横に置いてあった103系などはとてもじゃないけれど、という感じでしたね。
 デッキ付きのEB45というのは、山手貨物線のEF15あたりをイメージしてのことだったと思います。

投稿: さがみ | 2009年12月10日 (木) 11時40分

私もこの趣味に入るきっかけが、池袋の東武デパートで買ってもらった
カツミの入門セット(ED100とボギー客車2両入り)でした。
次に買ってもらったのがカツミの103系です。
客扉をプレスで凹ましただけ、妻板はメクラでしたが、子供にはそんなこと関係なかったです。
クリスマスに先頭車、誕生日にモーター車と1両ずつ買ってもらいました。

懐かしい思い出です。

投稿: genta-nozz | 2009年12月10日 (木) 09時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« カツミ EF65-1000キット入荷 | トップページ | 座席の製作 »