« 車体の補強 | トップページ | 入荷品ご案内 »

2009年11月18日 (水)

現時点ではベストと思われるモリヤ103系動力完成

 もう手に入らないパワートラックGT-1が指定になっているモリヤの103系ですが、これをMPギア化し、最近発売されたホビーモデルの床下機器を取り付けた動力がほぼ完成しました。モハ103とモハ102の両方に入れてありますから、どんな具合であるかお分かりいただけるかと思います。

1021

 これはモハ102です。非冷房ですので、床下機器が小ぶりなため、EN22ではモーターが目立ちすぎます。ウエイトも同じ理由で小型のMPウエイトFにしてあります。

1022

1031

 こちらはモハ103です。片側のウエイトが未取り付けですが、およその感じは掴めるかと思います。この車両にEN22と大型のウエイトを積んで動力を集中させると言う考え方も出来ます。ただ、その場合、ホビーの床下がMP対応ではありませんから全般に薄くスライスする必要が出てきます。カツミのキットに入っている初期タイプの床下はまだ分売がありません。

1032

 線路に載せてみると、こちらも自然な感じでまとまりました。

 走行性能と見た目が両立出来たと思います。もちろん車輪はスケールのφ11.5です。先行のモリヤの床下を使用したモハユニット、モハ103はこの後ホビーの床下に交換します。

 車体だけ捕獲して押入れにしまってある、と言う方にはやっかいなことになってしまったモリヤの103系ですが、これでちゃんと走ることになります。

|

« 車体の補強 | トップページ | 入荷品ご案内 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 車体の補強 | トップページ | 入荷品ご案内 »