« 入荷品案内 | トップページ | 店で食べる豚丼は・・・ »

2009年10月10日 (土)

店レイアウトの改修について

 16番とNが併設されている店レイアウトですが、Nゲージの方、使用しているTOMIXの線路に新型が登場します。これを取り入れてみようと思いますので、11月上旬頃からしばらくの間使用停止になる見込みです。カントの付いた曲線など、魅力的な製品がラインナップされるようですが、店レイアウトでは、これらのデモという意味で取り入れたいと思っています。

 16番の方は、特に線路関係の新製品はありませんが、少しずつ手を入れています。

Ekisha

 今や骨董品的な存在のエンドウブリキ駅舎も、荷物取扱所の窓枠が緻密なものに交換されています。相変わらず、名無し駅のままですが・・・。タクシーが新し過ぎますね。

Ressha2

 駅舎の周囲には、木を植えたりしています。ホーム上屋などもうっすらとウエザリングを施して、停車している列車が浮かないようにしてみました。

Nimotsu1

 小道具も大分揃ってきました。リヤカーを引っ張る駅員さんがいれば完璧ですね。

 本線脇のグリーンについても、一工夫する必要がありそうです。

Ressha1

 目下検討中です。考えがまとまったら、早速実行しようと思います。

 

|

« 入荷品案内 | トップページ | 店で食べる豚丼は・・・ »

コメント

27系統 さま
 コメント有難うございます。店レイアウトにはいろいろな役目があります。例えば、最近模型を再開された方から「最近はMPギアというのが一般的なようだが、インサイドギアとどう違うのか?値段も張るようだが」というようなご質問があったとします。カタログや商品を見ていただきながらご説明、というのが一般的に考えられるスタイルですが、「静かにスムーズに走る」と言ってもいまいちピンと来ませんね。しかし、実際に走っているところを見ていただけば、それだけで納得していただけます。
 レイアウト上に常駐している列車は、当雑談室で取り上げた作例が中心ですから、例えば、広告枠のある仕切板は実際どういう効果があるのか、といったことも実際に見ていただけるわけです。
 その他、キットやパーツをご購入いただいた方が、出来上がったものを持ち込んでテストされたり、ということもあります。
 内側にはNゲージの線路も敷いてありますが、これも近々新しいカント付き線路に交換したりして商品のPRを行うとともに、入門者の方には、鉄道模型とはどういうものであるか、実際のセッティングの方法は?といった基本的なご説明のためのツールになっています。また、近所の学生さんなどには、購入されたものを持ち込んで走らせてもらい、「買うだけ」になりがちなNゲージを、「買ったものでいかに楽しむか?」というようなきっかけ作りに活用していただいております。
 本格的なシーナリーには程遠いですが、少しずつバージョンアップを進めています。

投稿: さがみ | 2009年10月12日 (月) 12時30分

いいですねー。いつでも運転できる環境。
鉄道模型は動かしてこそと思っています。でもわたしは組み立て式の線路で動かすのが精一杯です。そのうちにレイアウトとは思いますがいつのことやら。

レイアウトにさりげなく置かれた小物が模型を引き立ててくれていますね。
一度お店に伺って、見せていただきたいとは思っていますが、なかなか実現できません。
当分はこちらのHPで我慢です。

投稿: 27系統 | 2009年10月12日 (月) 10時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 店レイアウトの改修について:

« 入荷品案内 | トップページ | 店で食べる豚丼は・・・ »