« 面白そうなものを見つけました・・・さっそく試用 | トップページ | 現金輸送車 »

2009年10月15日 (木)

大体形になりました

 ベリリウム銅のタテドイを使用したスハ43、概ね形になりました。まだ細かい部品や細部の修正が残っていますが、今日は配線を行って点灯試験です。

433 

 旧型客車の末期でも、東北では時折見かけた茶色のスハ43にしてみました。割合原型を残しているけれども、室内灯はサークライン蛍光灯に改造されている、というイメージです。塗装をするとタテドイの立体感が強調されます。見所が特にない形状なので効果的です。

432

 仕切板や仕切戸はすっかり定番になっています。このパーツは良く売れています。一度使うと手放せなくなるようです。

 さて、細部の色差しに新兵器が登場しました。

Fude

 タミヤから出ている「モデリングブラシPRO」と言うものです。筆1本で1700円もするの!?と言う感じですが、タミヤのことですから何か考えているはず、ということで使ってみました。穂先が割れたりしにくい、というのがウリのようですが、実際に使ってみると、異常に太い柄がポイントになります。普通の面相筆はもっと細いですね。

 要は、脳卒中の手のリハビリで使う柄の太いスプーンとかと同じ理屈です。太い方が持ち易く、細かい作業がし易い、と言うわけです。さっそく、従来の面相筆で色差しをしてはみ出していた部分の手直しをしてみました。これは良いですね。あっという間にきれいになりました。これは次回仕入れて在庫しようと思います。

|

« 面白そうなものを見つけました・・・さっそく試用 | トップページ | 現金輸送車 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 面白そうなものを見つけました・・・さっそく試用 | トップページ | 現金輸送車 »