« 非冷房改造 | トップページ | 入荷予定と臨時休業のお知らせ »

2009年10月26日 (月)

最後のモハ102、動力の組み込み

 モリヤの103系、最後のモハ102に動力装置を組み込みました。

102mp1

102mp2

 キットの床板を使用してMPギア化しています。モーターはLN14ですが、これはEN22を使用した場合、床下機器が小ぶりなため、モーターが目立ってしまうからです。同じ理由でウエイトも小ぶりのMPウエイトFを使用しています。コアレスモーターということもあるので、消費電流が少ないですから、M車の比率を上げることで性能を確保するとともに、動力車の見栄えの向上を狙っています。

102yukashita

 LN14とFウエイトの効果で、小ぶりの機器が多い非冷房モハ102の床下もそれほど不自然な感じになりません。台車はDT33、車輪はφ11.5mmのものです。「車輪は10.5に似交換して・・・」という意味不明の解説と、これまた謎だらけのアングル位置もこうしてカツミ・エンドウ規格にしてしまえば全て解決です。

1021_2

 動力関係はこれで全て終了です。実車と同じ4M4Tの編成になります。あと残すのは外装の一部と内装関係です。入院をはさんで3年に亘った山手線の103系も間もなく完成を迎えることになります。 

|

« 非冷房改造 | トップページ | 入荷予定と臨時休業のお知らせ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 非冷房改造 | トップページ | 入荷予定と臨時休業のお知らせ »