« リハビリの成果を感じるインレタ貼り | トップページ | 早速作業開始 »

2009年9月22日 (火)

最後の1両組立開始

 モリヤスタジオの103系初期型のキットを使って、山手線の登場時の8両編成を作ろうと言う企画、最後のモハ102に取り掛かります。最初のクハ103から入院をはさんで3年以上の時間がかかってしまいました。キットに指定されている同社の床下機器などはとっくに品切れですし、指定のパワートラックGT-1も絶版、何故か電動車の車輪をφ10.5に交換するような指示があったり、アングルの取り付け位置も何通りか示されているなど、かなり分かりにくいキットでした。

 管理人もかなり苦戦しましたが、その後他社からこれに使える部品などが出たりしましたし、動力関係も組み合わせでスケール通りの車輪直径で編成が凸凹にならない方法を確立しました。

 モリヤの103系キットを押入れの中にストックされている方も多いようですので、これまでの悪戦苦闘の結果を整理して、モリヤの103系総集編と言うことで、このモハ102を進めて行こうと思います。

1021

 製作期間が長期にわたり、試行錯誤の連続でしたので、これが完成して8両編成になっても、編成として統一感を持たせるための手直しは発生するかもしれません。

 今回のモハ102、既に完成しているものと同様にMPギアによる床下伝動方式の動力車にしますが、床下機器は当初から新発売されたホビーモデルのものを使用して、モリヤのモハ102用のものと比較してみようと思います。

1022

|

« リハビリの成果を感じるインレタ貼り | トップページ | 早速作業開始 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 最後の1両組立開始:

« リハビリの成果を感じるインレタ貼り | トップページ | 早速作業開始 »