« ひとまず完成 | トップページ | 雨どいの改良 »

2009年5月 7日 (木)

仕切り板のアレンジ

 軽量客車は、43系までと比べるとかなり趣が異なります。デッキの仕切りなども近代的な形のドアが付いていたりしますが、これ用のパーツというのは今のところ出ていません。

11shikiri

 これはキットに入っている仕切板です。窓が角丸でHゴムのドアを意識した形になっていますが、のっぺらぼうであるのと、何より1枚しか入っていないので、そのまま組むと片側は貫通路から客室内が丸見えになってしまうわけです。

 そこで工房ひろの仕切のうち、近代的に見えそうなBと地図の枠のあるDにフジの#1094Hゴム付き貫通ドアを組み合わせてみました。仕切りは上手い具合にパネルライトを逃げるため、天頂部が欠き取られているので、最大の問題である天井の断面形状の違いはあっさりクリアー出来ます。

Shikiritoritsuke1

Shikiritoritsuke2

 他の形式と同じように表裏張り合わせにしたものを車体に取り付けました。

11sokumen

 窓が大きいので、例の国鉄の地図もさぞかし効果的なものになるでしょう。

Tsumamen

 列車の後ろに来ることはありませんが、切り離してヤードや駅構内に置いておく場合に妻面の表情も大事ですね。

11zentai

 厳密な考証をしているわけではありませんが、旧型客車列車の編成の中で異彩を放っていた軽量客車の雰囲気を再現できれば、と思っています。

|

« ひとまず完成 | トップページ | 雨どいの改良 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 仕切り板のアレンジ:

« ひとまず完成 | トップページ | 雨どいの改良 »