« 地元ネタ | トップページ | モーター交換の検討 »

2009年1月18日 (日)

店レイアウトのポイントを交換しました

 キット組立て車両などの試運転にご利用いただいております、店レイアウトの16番の線路、ポイント交換を行いました。カトーの線路の強度不足はご承知の通りで、道床の剛性のなさ、Nゲージと共用のジョイントやレール本体など、問題は多いのですが、取りあえずどこの問屋さんでも扱っていると言うことで、保守の面から行くと多少有利かな?ということで採用しましたが、実際にはまったく裏返しでした。何しろ線路でさえ平気で品切れ、なんですから。

 16番のブラスモデル標準のR=650以上、ポイント#6で敷設したのですが、これが散々な結果になりました。ジョイントの弱さは重量のある列車が頻繁に通過するとすぐに通電不良になりますし、ポイントのような稼動k可動部分の多いものも同様です。

 #6ポイントにはさらに、信じられないような問題点があります。

 これだけ種類の少ないユニトラックなのに#6ポイントには2種類あるのです。カタログ上では「手動ポイント」と「電動ポイント」でたしかに2種類なのですが、ポイントマシンの有無以前に、ポイント自体の構造が異なっているのです。

P4_3 

 これは「手動ポイント」にポイントマシンを外付けしたものです。電動ポイントがさまざまなパターンに対応するべく細かく分割されているのに対して、あとから発売された手動ポイントではポイント本体部分の一体化が図られています。ジョイントの弱さがウリ?のカトーレールではこれがプラスになるはずですが、実は後発の手動ポイントには重大な問題があります。

 上の写真のようにフログの絶縁部分が30mmもあるのです。カトーやトミーのプラ車両はNゲージと同じ両輪集電なので問題ないのですが、旧来からのブラスモデルでは片側集電ですから、国鉄新性能電車の標準、26mmの台車ではポイント通貨の時に徐行すれば止まってしまうのです。勢い良く通過しても昔の地下鉄銀座線のように車内照明が一瞬消えるのは避けられません。

P3

 一方こちらは電動ポイントです。絶縁区間は実測で23mmくらいですから新性能電車も問題なく通りますが、いかんせん本体部分も細分化されて弱点のジョイントだらけです。手動ポイントで改良したつもりだったのでしょうけれど、結果的には調査不足で、電動ポイントは従来通りでの再販にせざるを得なかった、と言うのが実態なんでしょうね。16番の世界はNゲージメーカーが考えるほど底の浅い世界ではない、というのは事実だと思います。

 16番製品も全てカトー製品で囲い込もうとしたのがミエミエですが、16番ユーザーはそうは見ていませんね。

 しばらく使っていると道床下の接点がバカになって通電不良を起こします。さらに使い続けると、列車の重みに負けて接点は切り替わっているのに先端軌条が不転換を起こします。うっかりすると隣の線路にいる列車と激突する危険性があるわけです。要はカトーのプラスチック製車両が通過できれば良いと言う思想なんでしょうね。

 いよいよ本線部分の不転換が顕在化してきたので、行き違い線部分と車庫線の入り口の3箇所のポイントを交換しました。

P1

 しばらく前から交換するつもりでしたが、しばらく品切れでしたので、ようやくと言う感じです。レールくらい、何で常時在庫できないんでしょう?

 敷設と配線が終わって試運転列車が走ります。

Shiunntenn1_2 

 交換直後だけに駅構内部分も減速することなく走ります。

P2

 分岐側もまたしかり。でも、どうせ少しすれば不調になるのは見えているのですが、全面的にエンドウレールに敷き直す時間が取れません。しばらくは対症療法で行くしかないようです。

Shiunntnn2_2

 ところで、試運転で出てきたED75、いつの間にか高圧配管が引き直されています。燐青銅のような反発力のあるものや細い線などをつまむ力は、脳卒中になると顕著なダメージを受けるわけで、退院直後から始めたこの75の配管を曲げて見苦しくなってしまったのもやむをえないところだったのですが、ブラスモデルの場合、いくらでもやり直しが出来ます。改めて部品を調達して作業してみると恐ろしいくらいすんなり取り付けることが出来ました。この1年の75と一連の客車の製作が作業療法的な効果を出したのは間違いありません。店の近くの、入院していたN沢病院でも、模型の作業は手のリハビリに効果があると言うことは言われていましたが、その通りだったようです。「完全復活」にまた一歩近付いたようでちょっと嬉しかったですね。

|

« 地元ネタ | トップページ | モーター交換の検討 »

コメント

いつも、楽しく拝読させて頂いております。
私もKATOの経年による16番電動ポイントの通電不良には
最初、悩まされました。
現在は、接点を精密ドライバーでM字型にして接点圧力を強くして、
さらにタミヤの接点グリースで接点を塗り固めております。
こうすると状況は著しく改善しました。
ブラスの重量のある機関車を略毎日、走らせて3年経ちますが、
現在、特に問題は生じておりません。
メンテナンスとして、半年に1回くらい精密ドライバーで
M字型に整形?し直して、接点グリースを付加することくらいです。
畳の上のお座敷簡易レイアウトですが、上記の方法で何とか、
KATOのポイントを持たせて騙し騙し、使っております。
ご参考になれば、幸いです。
毎日のウェブサイトの記事を楽しみにしております。
リハビリ中のこと、お体に留意され、
これからも楽しい記事を期待しております。

投稿: hokutoseiexpress | 2009年5月20日 (水) 18時16分

お座敷16番モデラーさま

 コメントありがとうございます。見た目が幅広な感じなのは、HOユニトラックが多分にアメリカへの輸出を意識してデザインされているからではないでしょうか。アメリカの鉄道の写真を見ますと今でも木のマクラギが多いようですし、マクラギ自体もこんな色ですね。アメリカの模型雑誌に出てくる固定レイアウトでもユニトラックの線路に近い印象に仕上げている事例を多く見ます。
 カトーはプラ製のアメリカ型HOをやっていますし、ユニトラックの規格がインチサイズであることからもそれがうかがい知れます。
 エンドウのレールは、そのままの状態ですとモノトーンで少々そっけない感じですが、道床の幅やマクラギの間隔など、日本型に見える配慮があります。塗装できる材質なので多少手をかけてやるとぐっと良くなりそうです。元々真鍮車両の運転を前提にしていますから強度も十分です。ポイントの値段が2倍であっても寿命は2倍以上ですから、決して高いとはいえないでしょう。
 店のものも全面的に敷きなおしたいところですが、皆さん結構いろいろなものを作ったりレストアしたものを持ち込んでテストをしたりで頻繁にご利用いただいているので、当面は対症療法で行くしかないでしょう。今は調子よくても少しすれば通電不良になるのは目に見えているのが癪の種ではあるのですが。試運転の段階でこんな重い列車が走っているわけですし、当雑談室ネタだけでも、この後ED78+EF71の重連対策としてのモーター交換やEF64などがあります。お客様もこれらの記事と連動して機関車をいじっておられる方がいらっしゃるようなので、使用条件としては今後もかなり厳しいものがありそうです。

投稿: さがみ | 2009年1月18日 (日) 10時42分

大変興味深く拝読させていただきました。
私は単なるお座敷16番モデラーですが、店主様同様KATOの線路には同様の不満をずっと抱いておりました。
構造的な軟弱性はもちろんのこと、見た目も問題でエンドウのそれと比較しますとなぜか満足できません。
きれいに塗色されたKATO製線路ですが私には何故か物凄く幅広に見えるのです。
塗色のせいなのか、枕木の幅のせいなのか、はたまた線路の高さのせいなのか・・・ただですら16番の欠点(?)であるガニ股をなんとかガニ股でないように見たいのですが、KATOの線路に載せるとそれがものすごく際立ってみえるような気がします。
ということで最初は入手しやすいKATO製を集めておりましたが、最近すべての線路をエンドウ製に変えました。
店主様のブログは毎回楽しみに読ませていただいております。今後も健康を第一に良い情報を提供してください。

投稿: お座敷16番モデラー | 2009年1月18日 (日) 07時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 店レイアウトのポイントを交換しました:

» 鉄道模型趣味で [鉄道模型趣味で]
鉄道模型趣味鉄道模型を趣味で始めたい初心者ちょっと豆知識、鉄道模型を始めたい方は初心者の人が鉄道模型を考えることは難しいと思いますが、それだけ鉄道模型を考える人が、サイトを利用することで楽しく鉄道模型を理解することができれば幸いです。鉄道模型を趣味で始めたい初心者の方に鉄道模型とは、一定の縮尺・軌間による鉄道車輌・線路の模型をいう。その初期においては、ブリキ製の玩具との境界はあいまいですが、次第に決められた縮尺・軌間によって製作して、コレクションしたり線路上を走行させて鉄道の...... [続きを読む]

受信: 2009年2月 4日 (水) 19時19分

« 地元ネタ | トップページ | モーター交換の検討 »