« 「工房ひろ」製品を始めました | トップページ | 今週の入荷予定 »

2008年7月16日 (水)

「急行列車」スハ43最後の1両は・・・

 「晩年の旧型客車急行」というテーマで進行している一連の43系、いよいよ最後の1両になりました。コンセプトとしては、特定日の特定列車を特定ナンバーのフルディテールで、というガチガチのものではなく、昭和50年代に旧型客車の急行列車が最後の光を放っていた頃を再現しようと言うわけです。従って、特定ナンバーではありませんが、「ああ、こんなのもあったなあ」と思えるように、当時良く見かけたスハ43系の様々な特徴を散りばめたものにしています。編成にすればきっとあの頃の雰囲気を感じ取れるものになるはずです。

 さて、その最後の1両、車体が箱になってきました。

431

 今回は少し前にパーツをご紹介したダルマ窓のドアに改造された車ということにしました。洗面所の窓も内折れタイプですが、客席の窓は原型と言うことにしました。ダルマ窓のものは時々見かけましたが、そうたくさんあったわけではないので、あまりいっぱいつながっているとうそ臭くなってしまいますから、編成に1両あれば十分でしょう。

 旧型客車の場合、同一形態のものがたくさんつながっていては気持ち悪いので、こうして1両ごとに変化をつけてやるのは大事ですね。

|

« 「工房ひろ」製品を始めました | トップページ | 今週の入荷予定 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「急行列車」スハ43最後の1両は・・・:

« 「工房ひろ」製品を始めました | トップページ | 今週の入荷予定 »