2018年5月21日 (月)

自由形ED58にPS14を載せてみると・・・

 ED58の改造もまとめ段階です。パンタグラフを取り付けます。元々付いていたのは、オールプレス抜きの簡易版PS16でした。58と言えば大柄なPS14が載っていましたから、この辺でも58のイメージをスポイルしていたように思います。

 そこで、天賞堂のPS14を載せてみることにしました。現在手に入るPS14は、IMON製品が思い浮かびますが、繊細過ぎて自由形には不似合いであろうということで、やや設計が古く線も太めのこの製品をチョイスしました。最近あまり見かけませんが、仕入れ先に聞いたら、「定期的に作っているわけではないが、絶版の宣告もされていない」ということでした。確かに最近の天賞堂は、中国製のプラやダイキャストが中心ですが、ブラスベーシックを止めたとは言ってないですね・・・。

583

 早速取り付けてみます。取付位置は、元のパンタの中心に合わせてみました。何しろ取付は中心のビス1本で、碍子はダミーですから簡単に出来てしまいます。全長が短いので収まり切れない危険があったのですが、きれいにまとまりました。

581

 いろいろ弄りましたが、PS14が載ると一層58らしくなります。

582

 横から見ても無理な感じがなかったのでやれやれです。

 後は、ナンバーや尾灯のレンズといったところですが、並行して行っている動作テストでは、思いがけないトラブルも発生しています。最新のモデルシーダーのLEDライトモジュールを入れているのですが、旧型のオープンタイプのモーターということで、極細のLEDからのリード線をモーターが巻きこんでしまうトラブルが発生しました。基盤も極小なのですが、モーターの真上に設置すると、モーターが巨大なので当たってしまったりなどいろいろ出て来ます。かなり無茶苦茶な改造なのも確かですが、走行メインの自由形なので、この辺りはもう少し時間をかけて問題点を洗い出す必要がありそうです。

| | コメント (4)

2018年5月20日 (日)

客車の尾灯LED化実験

 今回モデルシーダーのLEDライトモジュールを扱い始めましたが、品物を見ていると結構応用範囲が広そうで、いろいろ思いついてきます。まずは、客車の尾灯にこれを使ってみる実験を行いました。

 両側に貫通扉がなく、尾灯を点灯させようとするとデッキが配線だらけになりそうなオハフ33です。

Mc0

 その対策として、エンドウのファイバー式の電球ケースを便所と車掌室に設置し、そこからファイバーで尾灯に光を送るようにしてあります。デッキがすっきりした形で両端とも点灯するようになりましたが、ファイバーを経由するので暗くなってしまうという問題がありました。モデルシーダーのものは、かなり明るいので直接尾灯に入れると今の電車のような光り方になりそうですし、ファイバーである程度ロスすることで、丁度良いくらいになるのでは?と考えました。思いついたらすぐにやります。

Mc1

 元々、光源は各エンド電球1個なので、Bタイプを使用します。

Mc2

 LEDから生えているウレタン線に長短があって、前後の区別をしていますから、先ずは窓ガラス用塩ビにモジュール基盤を接着して中心からオフセットした位置の通路に設置します。基盤が通路に収まるので、床上もすっきりします。次に電球ケースにLEDを押し込んで接着します。もちろん、従来通り両端とも点灯するようにして、最後部にならない場合の消灯スイッチもそのままです。

 配線は、後ろ向きになった時に点灯させるので、白と黒を図とは逆向きにします。これで出来上がりです。

Mc3

 点灯テストです。明る過ぎず、暗すぎずで、なかなか良い感じです。尾灯用の赤チップを直接入れると、恐らく今の電車のような尖った光り方になって、雰囲気が違っていたと思います。また、いくらリード線が細いと言っても、デッキがクモの巣になるのは避けられません。

Mc5

 列車にして走らせてみると、この製品のウリであるチラツキ防止回路が効いて、とてもきれいな感じでした。低速から割と明るく光るのも良いと思います。

 客車列車の後ろ姿、やはり郷愁を誘う尾灯の点灯がツボです。今のイベント用旧型客車の反射板は邪道ですね。

 狙い通りの結果が出たので、店レイアウトに存在する既存の客車、手の空いている時に順次改修しようと思います。

| | コメント (2)

2018年5月18日 (金)

室内灯のテスト

 何かと問題の多い奄美屋のHE車、新宿方先頭車のライトもLED化してしまいます。

He1


He2

 明るく光るのはもちろんですが、HE車は先頭車が短いこともあって、車内の配線がかなり目障りでした。これで一連の小田急通勤車のライトは全てLED化されました。

 このクハ車では、新たにシーダー製の室内灯を試用してみました。

Mc1


 エンドウのものと比べて幅がかなり狭く、モニター屋根の中に取り付けて明かり窓が光るようにすることも可能だそうです。色は、電球色、白色、昼白色の3種類があります。今回は白色を使ってみましたが、青みが強いので昼白色の方が自然な蛍光灯の色になりそうな気がしました。でも、以前の小田急、こんな感じの寒々しい色合いの蛍光灯だった時代もありましたから、これは当面そのままにしておきます。他に、チラツキ防止回路が組み込まれているものもあるようですので、追ってテストしてみようと思います。

 また、この製品は「エンドウ室内灯」と違って、切断OKですから、HEのクハ車のように車長が短いものに使用する場合にも困りません。特徴を掴めば結構面白い使い方も出来そうです。

| | コメント (2)

フジモデル・コダマモデル生産案内

 今月分のフジモデル、コダマモデルの生産案内が届きました。

F1


 フジモデルは、グリーン車3種類です。

K1

 コダマモデルは阪急810形が2種類です。

 いずれもこれから入荷の分ですので、ご希望の方はお知らせください。

| | コメント (0)

2018年5月17日 (木)

モデルシーダーのライトモジュール一通り入荷しました

 簡単に取り付けられて、なかなかの好結果を得ることが出来たモデルシーダーのライトモジュール、ここで電球色前照灯と尾灯の組み合わせのものが一通り入荷しました。

Mc1

 基板から出ている白と黒のリード線をラグ板にハンダ付けするだけで使えます。中学生のラジオのハンダ付けのレベルです。

 当面、前照灯が白色のものは在庫にしていませんが、もちろん調達可能です。また、特定のものをまとめてご希望の場合、基本的に1週間程度で調達できますのでお知らせください。

 同社のライトモジュールは、エンドウやカツミの完成品にも使用されているとのことです。ぜひお試しください!

| | コメント (0)

2018年5月16日 (水)

梅雨入り前目標で

 梅雨に入ると湿度が上がって、塗装できない日が多くなるので、2202号は梅雨入りまでに塗装を終わらせたいところです。

Fm1

 床周りの続きです。モーターの配線とライトスイッチを取り付けました。連結器胴受とジャンパー連結栓受けもネジ止めですが、塗装を忘れていたのでこの後です。

Fm2

 車体は、雨樋周りの仕上げ中です。今のところ、梅雨入りまでには塗れそうです。

| | コメント (0)

ED58 ライトのLED化

 ED58、続いてライトのLED化を行いました。この自由形ELが売られていた時代は、ライトが点くというのが一つのステータスでした。米粒球がライトケースに直に挿入されているというものでしたが、ライトが点灯するだけで、カッコイイなあと思ったものです。現代に自由形というものがあったとしたら、もっと明るく光って欲しいし、尾灯も点かないかなとか思うはずです。Nゲージでも今は点くんですから。

 ギミックを最優先するべき自由形ですから、弄りついでにライトをLED化し、併せて尾灯も点灯するようにしました。当店で取り扱うことになったモデルシーダー製ライトモジュールのGタイプを使用します。

580

 モジュール基盤もLEDも極小なので、小さな自由形ELでも余裕で取り付けられます。LEDは電球と違って熱を殆ど持たないので、クリアーのゴム系接着剤で貼り付けてしまいます。

 点灯テストです。

581

 カトーのNゲージ用パワーパック、目盛り半分くらいですが、かなり明るいです。ライトケースにレンズを入れたので、光が均等に散ってなかなか良い感じです。

582

 こちらは尾灯です。まだレンズを入れていませんが、これもまた明るく光ります。定電流ダイオード使用ということで、速度によってあまり明るさが変わらないのも特徴です。

583

 車体内部関係は、これで一通りできたので床と車体をネジ止めします。昔の製品は真鍮製のマイナス頭のビスを使っていたりして、着脱の際に車体を傷付ける恐れがあるので、ビスはエコーの「細密ビス」に取り換えておきます。

 あとは、ナンバーや尾灯レンズを入れて、パンタを載せ、連結器を取り付ければ完成です。より元ネタのEF58に見えるようにする、というところから始まっていますが、自由形に要求されるギミックも併せて現代化されます。手持ち部品で切れているものもあるので、この続きは次週です。

| | コメント (3)

«2202号モーターの取付