2017年5月27日 (土)

HE車ウエザリングの検討

 先行して店レイアウトに搬入したHE車の新宿方2両、ウエザリングを行います。小田急線の場合、HE車の時代でも国鉄とは違って、通勤車でも車体はきれいに手入れされていましたから、基本的にウエザリングを施すのは床下と屋根上ということになります。

 まずは床下からです。この時代の小田急の床下は、台車がグレー、他が黒でした。新3000形以降の通勤車からグレー1色になり、8000形(流用品のSIV以外)や1000形の更新車もグレー1色になっています。小田急線の床下の汚れ具合を観察すると、レールと車輪の摩擦で発生したと思われる錆色と泥埃の色が混ざった茶色系です。検査直前になると、グレー1色の3000形もほぼ茶色系1色になっています。

He1

 取りあえずやり過ぎで汚いだけにならないように、薄めた錆色を控えめに吹いてみました。検査から出て来て少し走り込んだというイメージでしょうか。台車と床下機器の色の違いは、まだはっきり分かるレベルです。HE車は、割と遅くまで鋳鉄制輪子を使用していましたが、発電制動が付いていたので、制輪子で車輪を締めるのは停止直前だけです。従って、大雄山線の旧型車のように、全速域から鉄粉を飛ばして空制で止めていたわけではないので、車体全体が錆色でまぶされるということはありませんでした。

He2

 汚しが軽すぎるかな、という感じもしますがまだテスト段階です。取りあえず下回りにつや消しコートを吹いてみたのですが、これで上下のメリハリが付いて俄然落ち着いた感じになりました。

He3

 屋上の方はまだ手付かずですが、資料写真を見るとカーボン系の黒汚れが中心のようで、国鉄電車とは違った雰囲気です。そして、イボ付きビニールの屋根布から塗り屋根に更新された後では、それほど極端な汚れ方ではなかったようなので、この後そういった点に留意してやってみることにします。

| | コメント (0)

2017年5月26日 (金)

今週の入荷品

  今週は、Nゲージカトーのコキ104が入荷しています。

1041


 今までありそうでなかったコンテナなしのものです。コンテナはどんどん世代交代しますから、従来製品に積載されていたものはもうありません。コンテナは各社から発売されていますし、いろいろなものを載せた方が実感的ですから、この方が有難いですね。価格も同様のTOMIXのものよりいくらか安めの設定になっています。

 たくさん取りましたので、この機会に是非どうぞ。

731


 KSの73系、クハ2種類の他に、クモハ73600代後ろパンタのもの、エラーがあった車体を正規のものに交換してお出しできるようになりました。73系は好評のようで仕入先などにももう殆どありませんので、ご希望の方はお早めにどうぞ。

| | コメント (0)

2017年5月24日 (水)

M2車に戻ります

 小田原方のクハ、手戻り作業が何とか終わったので、途中で止まっていた小田原方のデハ車(M2車)に戻ります。

He2

 あと残っている部品は雨樋とパンタ回りの小部品ですから、さっさと取り付けてしまいます。とはいっても全部でこれだけです。今の目で見るとあまりにも寂しいので、M1車同様配管を付け足します。

He1

 取りあえずこれで、キットに入っていた車体関係の部品は全部ハンダ付けが出来たことになります。4両分をひとまとめにして強引にヒートシールで包装、一度開封すると元の袋に戻せないという凶悪な?キットなので、部品の紛失を一番恐れていたのですが、何とか逃げ込み成功です。

He3

 さすがに幌の部品は、これはないだろうという感じなので、他社パーツに置き換えるので残りましたが。他に扇風機カバーも4両分が無造作に詰め込まれていて、これは何個か余りました!

 このメーカーらしいアバウトなキットですが、M2車に関してはここから先が峠越えの難所です。

| | コメント (0)

2017年5月23日 (火)

点灯試験

 車体のハンダ付け不良で大幅な手戻りになった小田原方のクハ、ようやく点灯試験に漕ぎつけました。

He1

He2

 前照灯の非点灯側から室内灯の光が漏れていますが、この後遮光します。原設計が80年代の小田急車のモデル、どれも前照灯の点灯は考慮されていませんでしたから、苦労します。室内灯は白色LEDで明るいので、座席関係に細かく色を入れたのが効果的です。これはNゲージなどにも応用できると思います。

 一応動力車の床板はMP対応に改められてはいるものの、基本的な設計はパワトラ全盛期のものということで、余計な作業が次々と出て来ます。

| | コメント (0)

2017年5月22日 (月)

73系追加入荷

 割合早く完売してしまったKSモデルの73系新製車グループですが、問屋さんに「現品限り」という風情で少しありましたので、補充しておきました。

791

 取りあえず今月分のクハ2種類です。フリー分の在庫といたしますので、ご希望の方宜しくお願い致します。

| | コメント (0)

2017年5月19日 (金)

いろいろ実験

 HE車、先行して店レイアウトに持ち込んだ2両、戸当たりゴムの修整が終わっていません。はみ出し部分をベンジンで修正していたのですが、レイアウトのメンテナンスで使っているレールクリーナーが使えないかな、と思ったので早速実験です。

He1


 Nゲージファンにはおなじみのこれです。

He3


 未修整の状態です。ベンジンと同様、レールクリーナーを綿棒にしみ込ませてふき取ります。

He2


 ほぼ同様の効果がありますが、ベンジンより効果が弱いようです。あまり強く拭くと凹部の色まで落ちてしまいますし。やはりベンジンの方が良いかな?という感じです。このやり方の場合、やり直しがきくのがポイントですから、明日もう一度ベンジンを使ってやり直してみます。

 こうした手抜き作業の研究には力が入る管理人です。

| | コメント (0)

2017年5月18日 (木)

KSモデル73形の残り分入荷しました

 今週は予定通りKSモデルの73形、残り分が到着しています。

731


 前面窓が傾斜しているクハ79、2種類です。

732


 なお、先月入荷分につきまして、車体の側扉部分の抜きに不備があったとのことで、代替品が到着しています。ご予約のお取り置き分につきましては、全て差し替えの上お渡しいたします。

 ご注文いただきましたお客さま、お待たせいたしました。

| | コメント (0)

«塗り直し