2017年2月24日 (金)

引っ張り出して来たついでに

 サボの作り直しで引っ張り出して来たついでに、走らせてみます。

Id21


 サボの文字と色合いが鮮明になって、走らせた場合の印象もだいぶ良くなりました。このモデルでは、ライト周りの印象が崩れるのを防ぐためにあえてライトを点灯させていません。その関係で、尾灯や室内灯も入れていませんが、この時代の昼間の大雄山線は、前照灯や尾灯はもちろん、室内灯も消灯していましたから、夜景でもやらない限り特に問題はないと思います。

Id22


  1年以上も走らせずに、ガラスケースの中に押し込んであったのですが、それでもいきなり快調に走るのがMPギヤシステムです。応用が利いて広範囲に使用できること、静かでスムーズに走ること、ちょっとやそっとでは壊れない耐久性と合わせて、管理人がこのシステムをお勧めする理由です。唯一の不満は、旧型車なのに走行が静かすぎることでしょうか。でも、玩具的なノイズを発生するよりよっぽど良いと思います。

 最近は、従来ギアボックスを購入すると、重複して余る一方だったセンターピンやボルスター類が同梱されなくなり、その分価格が引き下げられています。

| | コメント (0)

サボ作り直し

 大雄山線90周年企画で、このような電車が走っています。

Id11

 5000系の第1編成を旧型車のカラーにしたものです。正面には当時のサボを模したヘッドマークが付いています。

Id12

 この復刻版のサボ、元赤電の「ピカチュウ」ことコデ165と並んでいるのを見ると、縦横の比率など、当時のものとあまり変わらない感じです。

 そこで、良いことを思いつきました。これを真正面から撮った写真を複合プリンターを使って、フィルムラベルに模型のサイズで印刷して活用するのです。従来のものは古い写真から取り込んだものでしたので、不鮮明な感じでした。

Id3

 新たに作ったものは、文字も鮮明になって、成功です。

Id1

 今回レプリカで5000系に付いているものは前後で「小田原」と「大雄山」の文字が逆になっていますが、これは旧型車が現役の時も同様に2種類ありました。古い写真を見ると、それぞれがどちら側に着くといった法則性はなかったようです。文字ももっと手書きテイスト溢れるものでした。

  このサボ、だいぶ前にどこからかシールで出ていました。

Id2

 メーカーは忘れましたが、これです。手書き風の文字は良いのですが、ベースの黄色が網点表現、上質タックにプリンターで印刷したものでした。マイナーなものですから、出た当時は非常に有り難く感じたものです。今はメーカーに頼ることなく、簡単に作れるようになりました。

| | コメント (0)

2017年2月23日 (木)

まだまだ手直し

 阪神大震災より前に手を着けたモリヤの103系、ひとまず完成にはたどり着いていましたが、製作期間が10年以上に亘ったこともあって、出来栄えにばらつきが見られました。103系にチャレンジしているブラスモデル初心者の方もいらっしゃいますので、トラブルシューティング的な感じで気になった点を潰してみました。

 1031

1032

 片方のクハ車の、アングル取り付けの不正確さから来ていた車高の調整、センターピンの締め付け具合から来ていた、動力車のノイズの解消を行いました。

 不快なノイズが消えましたし、編成全体の外観もきれいになりました。この手の電車ネタでは、重要な部分ですが、見落とされがちでもあります。同じく制御車と電動車では車輪径が異なる、現在製作中の小田急HE車では、この103系での経験が反映されます。

| | コメント (0)

2017年2月22日 (水)

車高の確認

 クハ車の車高は、理屈の上では、MP用センターピンに付属している車高調整用ワッシャーを噛ませれば良いはずですが、実際に組み立てて確認します。

He1

 先ずクハ用の床板のセンターピン穴にMP用のワッシャーをハンダ付けしてMP規格に改造します。

He2

 台車はMPボルスターEを使用してφ9.5の車輪で組み立てて、床板に取り付けます。この時にセンタースペーサーと台車ボルスターの間に、センターピン付属の車高調整用ワッシャーを噛ませます。

He3

 線路に載せてみると、車体と台車の間に隙間が出来て、HE車の先頭車らしい雰囲気です。

He4

 先行してほぼ形になっているデハ車と並べてみます。クハは車体を被せただけでネジ止めしていませんが、大体良さそうな感じです。この電車、模型でも制御車と電動車では車輪径が2mm違うのですが、こうして見るとその差ははっきりしています。高度成長期に小田急オリジナルの発想で出来た電車ですから、こうした特徴のある部分は是非とも再現したいところです。

| | コメント (0)

2017年2月21日 (火)

クハを箱にします

 HE車のクハの続きです。

He1

 このキットの部材構成から考えて、アングルを先に取り付けてから前頭部を取り付けることにしました。アングル位置は、φ9.5の車輪を入手しましたが、標準の3.0として、センターピンを高さ調整のやり易いMPギヤ用のものにします。標準より直径が1mm小さい車輪なので、台車ボルスター部分にt0.5のワッシャーを噛ませて高さを揃えます。この方式であれば、床下機器の取付高さはそのままでOKですし、センターピンも統一できるので、部品管理上からも有利です。

He2_2

 前頭部を取り付けます。タニカワブランド時代のものと前頭部の割り方が異なっていますから、まずは〇印の箇所を仮止めして位置を出します。昔の丸屋根客車などを組んだことがある方はよくご存じのはずですが、タニカワの絞り部品はメクレなどが酷く、なかなかぴったり合いません。およそ基本的な位置を出したらハンダを大胆に流して継ぎ目を埋めてダイナミックに削って形を出す必要があります。

He3

 反対側も同様ですから、まずはこんな感じで位置決めをします。

He4

 位置決めが出来たら継ぎ目部分にハンダをたっぷり流し込みます。裏側にもフラックスを塗って、ハンダが裏まで確実に回るようにします。この時、乗務員室扉の周りにハンダが流れ込まないように注意します。

He5

 ハンダが回ったら中目くらいの鉄ヤスリからスタートして、だんだん細かい鉄ヤスリ、耐水ペーパーを順を追って使用して継ぎ目が見えないように仕上げます。

He6

 取りあえずざっと仕上げた状態ですが、継ぎ目が分からなくなりました。この作業は根気が必要ですが、手を抜くと塗装した時に継ぎ目が浮き出して来ますから丁寧にやる必要があります。

 ひとまず箱になって、HE車の特徴である短い先頭車の姿が見えて来ました。それにしても、車端部が戸袋窓になっているデザイン、小田急は好きですね。現在でも1000形ワイドドア車、2000形、3000形1次車で見ることが出来ます。「小田急顔」といわれる正面の形態と合わせて、最も小田急らしい電車の1つかもしれません。

| | コメント (0)

2017年2月20日 (月)

クハ車へ進みます

 調達に難儀していたφ9.5の車輪、ここへ来て一気に捕獲出来ましたので、HE車はクハ車へ進みます。

He1

 捕獲した車輪です。この後グレーに塗装しますが、踏面は銀の方が良いかな、と思います。でも特殊な車輪径なので、贅沢は言えません。

He2

 並行して、クハ車用の台車枠を組み立てて、塗装します。

He3

 車体も組み始めます。ドア、アングル、妻板という手順ですが、部品の位置合わせがやりにくい先頭部のお面の組立がいささか手こずります。

 お面と胴体の合わせ部分の割り方が、タニカワブランドのものと異なっていますが、組みやすさや仕上がりがどう違うのかが気になります。

 そしてこのキット、各パーツが車両ごとではなく編成全部のものがひとまとめにされている上に、チャック式のポリ袋でなく、ヒートシールで包装されているので、部品の紛失には十分な注意が必要です。このメーカーらしい無神経さではありますが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月17日 (金)

今週の入荷品

 今週は地元ネタとして、グリーンマックスの小田急1000形赤が入荷しています。

1001

 箱根登山線の小田原~箱根湯本間で使用されているものです。動力は最近のコアレスモーター仕様で、なかなかスムーズに走ってくれます。

1002

 先頭車の前照灯はオレンジではなく電球色です。

1003

 登山電車に似せたカラーリングです。

 グリーンマックスの小田急完成品、1000形、3000形とも現行仕様になりました。8000形も手直しをしてくれると良いのですが。そして、5000形や9000形といった1世代前の色の着いた車型をこの仕様でやれば売れると思うのですが・・・。

| | コメント (0)

«取りあえず形に